歓送迎会など無礼講的なシーンでのケータリング

街中には安い居酒屋もありますが、ケータリングで歓送迎会などをしてみるのも一法です。経費節減にもなりますし、とはいえ今なら安価でも充実したメニューがあるので、幹事さんの株も上がりそうです。

若者向けメニュー

最近の若者は上司のお誘いを断るとか。プライベートに干渉してほしくないし、セクハラやパワハラがありそうだからです。ならば社内でケータリング、簡易なタイプなら、付き合ってくれるかもしれません。
そこで若者向けのメニューを選びましょう。老若男女を問いませんが、唐揚げやポテトなどは食べたいと思うはずです。ピザやパスタなどであれば、若い女性にも喜ばれそうです。デザートにケーキでも奮発しましょう。

酒が進む系メニュー

歓送迎会、忘年会に新年会、会社の行事というか人生の通過儀礼でもあります。そこでお酒を飲みつつ本音で語り合うのが日本の文化です。そうした無礼講的なシーンでもケータリングが活躍します。
お酒が進む系のメニュー、例えばオードブル、生ハムやスモークサーモン、エビフライなどをセットにしたタイプも用意されています。こういう時くらい、若者に近づいてみるのもよさそうです。

例えばサプライズ系はどうでしょう

小規模な歓迎会や送別会であれば、主賓へのプレゼントを考えましょう。事前に好みを探り出し、特別メニューを作ってもらうことも可能です。ケーキにメッセージボードを付けることもできるでしょう。
忘年会や新年会であれば、辛いシュークリームやワサビ寿司などを使ったロシアンルーレットで盛り上がれそうです。もちろん強要してはいけませんが、部署対抗ゲームなどを取り入れれば結束力が強くなるかも。

頼んでみましょう

会社の行事だからこそ経費を削減すべし。しかし見た目は豪華にしたいなら、お店を借りるよりもケータリングの方が効率的です。まずは頼んでみましょう。社員の会社を見る目が変わってくれるかもしれません。

屋外イベントなど騒ぐシーンでのケータリング

季節にもよりますが屋外イベントで騒ぐこともあるでしょう。そこで役に立つのがケータリングです。外でも食べやすいタイプが揃っています。軽い物からがっつり系まであるので、じっくり楽しむことができますよ。

女性向けメニュー

屋外イベントは、女性の参加率が低下しがちです。つまり夏は日焼けが怖いし、冬は寒い!ならば女性向けメニューを揃えてみましょう。スイーツ系やトロピカルフルーツ、スーパーフードを使った野菜サラダなども用意できます。
春の花見はちょっと底冷えがしますね。お酒で身体を温めるなら、飲み放題プランもあります。もちろん限度をわきまえたいですが、女子会などにも利用できます。サクラを見ながらワインで乾杯すれば、楽しい一日になりそうです。

B級グルメ系メニュー

不思議なものですが、野外で食べると何でもおいしく感じますね。必然的に動き回るのでお腹も空きます。ならばがっつり系のメニューもおすすめです。あえてB級グルメもよいでしょう。
鉄板を使ったお好み焼きや焼きそばなどの炭水化物系も、運動しながらだからダイエットを気にすることもありません。イカ焼きやフランクフルトなど屋台を思わせる雰囲気も違った楽しみ方ができそうです。

例えばバーベキューなどはどうでしょう

屋外系の食事と言えば、地域によって大きく異なるかもしれません。例えば北海道ならジンギスカンが定番です。とはいえバーベキューなら万国共通でしょう。もちろん地域の特産品を焼いてみましょう。
焼くこと自体が好きな人もいますが、面倒なことを全部やってくれるケータリングサービスもあります。具材の手配から焼き方、火の後始末もお任せできます。さらにプロの味を堪能できますよ。

頼んでみましょう

キャンプなどは準備が楽しいとは言いますが、後片付けを含めて面倒なことも多いですね。ならばケータリングを頼んでみましょう。そうすれば幹事さんも存分に堪能できます。良い思い出が作れそうです。

冠婚葬祭など身内が集まるシーンでのケータリング

回数は減ったかもしれませんが、冠婚葬祭など身内が集まる行事もあるでしょう。かつてとは違い、長男の嫁が苦労する必要はありません。そこは割り切ってケータリングを利用しましょう。落ち着いたメニューもありますよ。

高齢者向けメニュー

ハイカラで元気な高齢者も多いですが、それでも年をとれば持病もあるし入れ歯になる、食が細る人もいるでしょう。そんな時は高齢者向けのメニューを用意しましょう。軟らかくて噛みやすい食材も豊富ですよ。
法事用として煮物や和え物、魚中心のお弁当もあります。懐石や重箱タイプであれば豪華さもあります。たまにしか会わない親戚に出しても、文句を言われることはありません。人数の増減にも対処しやすいです。

お祝い系メニュー

子供の卒業や入学、就職などのお祝い系行事も、ケータリングが使えます。タイの尾頭付きは古いかもしれませんが、自宅で準備するのは大変です。焼き加減などを考えれば、専門業者に頼むと失敗がありません。
結婚披露宴の場合でも、最近はオリジナリティを重視したいカップルが増えています。ホテルのお仕着せ料理ではなく、自分達が選びたいこともあります。経費節減につながることも少なくないようです。

例えばおせち料理はどうでしょう

元旦からコンビニが開いています。今時おせち料理を作る家庭は減っているようです。とはいえ恋しくなることもあります。そこで利用したいのがおせちのケータリングです。
事前予約を必要とするケースも多いですが、親戚が集まると決まっているならば、用意しておくと便利です。もちろん先祖代々の味はあるのでしょうが、お嫁さんも働いている世の中です。時代に合わせた味、それをケータリングで知ることもできます。

頼んでみましょう

お袋の味や家族ならではの料理もあるでしょうが、身内が集まるからこそ、ゆっくりとしたいですね。準備や後片付けに忙殺されるよりもケータリングを頼んでみましょう。場を盛り上げるのは料理ではなく、お互いの笑顔です。

会議など公的なシーンでのケータリング

長く続く会議や講演会などであればちょっと休憩が欲しいですね。そんな時にはケータリングを頼んでみましょう。公的なシーンでも場の雰囲気を壊さない種類が少なくないようです。

男性向けのメニュー

女性の社会進出は近年目覚ましいものがあります。とはいえ会議や講演会では男性中心になるのは否めない現実です。であれば男性向けのメニューで揃えるとよいかもしれません。ランチであっても幕の内弁当ならお堅い上司も納得です。
貸し会議室などでケータリングも手配してくれるサービスがあります。部屋を借りる基準として、飲み物や食べ物の充実度で選んでみるのも一法です。結果的に会議の時間が短縮できるかもしれません。

軽食系のメニュー

ランチ会議も増えていますが、話の途中でつまめる軽食系のメニューも大切です。夕方や深夜の会議になれば夜食系、サンドイッチやケーキなど手軽なタイプも喜ばれるでしょう。
今の時代、女子社員にお茶くみを頼むわけにはいきません。ならばコーヒーやお茶のケータリングも不可欠です。近くの有名喫茶店から美味しいコーヒーが届けば、新しいアイデアが湧き出るかもしれません。

例えばお酒が入った場合はどうでしょう

講演会の打ち上げなどでお酒が入った場合のケータリングなら、寿司やローストビーフに中華などホテルのバイキング系ケータリングも好評です。最近はシェフが来てくれるタイプもありますよ。
場所を移したりテーブルを並べ替えて、立ち飲み形式の二次会もあるでしょう。ちょっと豪華なメニューにすれば、来てくれた講師やクライアントにも顔が立ちます。新しい契約が生まれるかもしれません。

頼んでみましょう

お腹が空くとイライラします。会議をしても生産的ではないし、講演会もじっくり聞くことができません。ちょっとしたつまみやドリンクがあるだけでも、スムーズになるものです。まずは頼んでみましょう。

ホームパーティなど皆で楽しむシーンでのケータリング

欧米ほどではありませんが、ハロウィンなどの行事も登場しているので、最近は日本でもホームパーティを開く家庭やグループが増えています。ママや奥さんの負担を減らす意味でも、ケータリングを選んでみませんか。

子供向けメニュー

子供がいると何かと集まりがあるものです。PTAや地域の子供会、お誕生日会などもありますね。やらないと子供がかわいそうなこともあります。ならば気持ちを切り替えてケータリングに任せてみましょう。
ハンバーグやスパゲティ、いなり寿司などの子供向けメニューも豊富に揃っています。デザートにケーキは定番でしょうか。クリスマスならチキン、ハロウィンならカボチャ系の料理で盛り上がりそうです。

一口サイズ系メニュー

大人が楽しむホームパーティなら一口サイズが重宝します。ワイングラスを片手に、つまめる系が便利ですね。メインディッシュが仕上がるまで、特性のチーズやナッツ類、逆にたこ焼なんかもおすすめです。
女子会ならばスイーツの盛り合わせもあります。いずれも一口サイズなので、多くの種類を楽しむことができます。例えばケーキやドーナツ、プリンにアイスもありますよ。かわいくて食べるのがもったいないかも。

例えばママ会の場合はどうでしょう

ママ同士の付き合いも面倒なことがあります。持ち回りでママ会をやる場合、変なことをすれば直ぐ噂になりますね。子供のためにも幹事の回には成功させたいものです。ならば思い切ってケータリングを頼みましょう。
高級レストラン系もありますし、和食も用意できます。いくつかの手作り品を添えれば、誰もが納得できるママ会になります。ただしハードルを上げすぎると次回が大変ですし、嫉妬もあるので気を付けましょう。

頼んでみましょう

ホームパーティは手作り感が楽しいのでしょうが、後片付けを含めてケータリングを頼んでみましょう。行事に見合ったタイプやお土産が付くケースもあるので、働くお母さんでも安心です。