冠婚葬祭など身内が集まるシーンでのケータリング

回数は減ったかもしれませんが、冠婚葬祭など身内が集まる行事もあるでしょう。かつてとは違い、長男の嫁が苦労する必要はありません。そこは割り切ってケータリングを利用しましょう。落ち着いたメニューもありますよ。

高齢者向けメニュー

ハイカラで元気な高齢者も多いですが、それでも年をとれば持病もあるし入れ歯になる、食が細る人もいるでしょう。そんな時は高齢者向けのメニューを用意しましょう。軟らかくて噛みやすい食材も豊富ですよ。
法事用として煮物や和え物、魚中心のお弁当もあります。懐石や重箱タイプであれば豪華さもあります。たまにしか会わない親戚に出しても、文句を言われることはありません。人数の増減にも対処しやすいです。

お祝い系メニュー

子供の卒業や入学、就職などのお祝い系行事も、ケータリングが使えます。タイの尾頭付きは古いかもしれませんが、自宅で準備するのは大変です。焼き加減などを考えれば、専門業者に頼むと失敗がありません。
結婚披露宴の場合でも、最近はオリジナリティを重視したいカップルが増えています。ホテルのお仕着せ料理ではなく、自分達が選びたいこともあります。経費節減につながることも少なくないようです。

例えばおせち料理はどうでしょう

元旦からコンビニが開いています。今時おせち料理を作る家庭は減っているようです。とはいえ恋しくなることもあります。そこで利用したいのがおせちのケータリングです。
事前予約を必要とするケースも多いですが、親戚が集まると決まっているならば、用意しておくと便利です。もちろん先祖代々の味はあるのでしょうが、お嫁さんも働いている世の中です。時代に合わせた味、それをケータリングで知ることもできます。

頼んでみましょう

お袋の味や家族ならではの料理もあるでしょうが、身内が集まるからこそ、ゆっくりとしたいですね。準備や後片付けに忙殺されるよりもケータリングを頼んでみましょう。場を盛り上げるのは料理ではなく、お互いの笑顔です。

関連する記事