会議など公的なシーンでのケータリング

長く続く会議や講演会などであればちょっと休憩が欲しいですね。そんな時にはケータリングを頼んでみましょう。公的なシーンでも場の雰囲気を壊さない種類が少なくないようです。

男性向けのメニュー

女性の社会進出は近年目覚ましいものがあります。とはいえ会議や講演会では男性中心になるのは否めない現実です。であれば男性向けのメニューで揃えるとよいかもしれません。ランチであっても幕の内弁当ならお堅い上司も納得です。
貸し会議室などでケータリングも手配してくれるサービスがあります。部屋を借りる基準として、飲み物や食べ物の充実度で選んでみるのも一法です。結果的に会議の時間が短縮できるかもしれません。

軽食系のメニュー

ランチ会議も増えていますが、話の途中でつまめる軽食系のメニューも大切です。夕方や深夜の会議になれば夜食系、サンドイッチやケーキなど手軽なタイプも喜ばれるでしょう。
今の時代、女子社員にお茶くみを頼むわけにはいきません。ならばコーヒーやお茶のケータリングも不可欠です。近くの有名喫茶店から美味しいコーヒーが届けば、新しいアイデアが湧き出るかもしれません。

例えばお酒が入った場合はどうでしょう

講演会の打ち上げなどでお酒が入った場合のケータリングなら、寿司やローストビーフに中華などホテルのバイキング系ケータリングも好評です。最近はシェフが来てくれるタイプもありますよ。
場所を移したりテーブルを並べ替えて、立ち飲み形式の二次会もあるでしょう。ちょっと豪華なメニューにすれば、来てくれた講師やクライアントにも顔が立ちます。新しい契約が生まれるかもしれません。

頼んでみましょう

お腹が空くとイライラします。会議をしても生産的ではないし、講演会もじっくり聞くことができません。ちょっとしたつまみやドリンクがあるだけでも、スムーズになるものです。まずは頼んでみましょう。

関連する記事