ホームパーティなど皆で楽しむシーンでのケータリング

欧米ほどではありませんが、ハロウィンなどの行事も登場しているので、最近は日本でもホームパーティを開く家庭やグループが増えています。ママや奥さんの負担を減らす意味でも、ケータリングを選んでみませんか。

子供向けメニュー

子供がいると何かと集まりがあるものです。PTAや地域の子供会、お誕生日会などもありますね。やらないと子供がかわいそうなこともあります。ならば気持ちを切り替えてケータリングに任せてみましょう。
ハンバーグやスパゲティ、いなり寿司などの子供向けメニューも豊富に揃っています。デザートにケーキは定番でしょうか。クリスマスならチキン、ハロウィンならカボチャ系の料理で盛り上がりそうです。

一口サイズ系メニュー

大人が楽しむホームパーティなら一口サイズが重宝します。ワイングラスを片手に、つまめる系が便利ですね。メインディッシュが仕上がるまで、特性のチーズやナッツ類、逆にたこ焼なんかもおすすめです。
女子会ならばスイーツの盛り合わせもあります。いずれも一口サイズなので、多くの種類を楽しむことができます。例えばケーキやドーナツ、プリンにアイスもありますよ。かわいくて食べるのがもったいないかも。

例えばママ会の場合はどうでしょう

ママ同士の付き合いも面倒なことがあります。持ち回りでママ会をやる場合、変なことをすれば直ぐ噂になりますね。子供のためにも幹事の回には成功させたいものです。ならば思い切ってケータリングを頼みましょう。
高級レストラン系もありますし、和食も用意できます。いくつかの手作り品を添えれば、誰もが納得できるママ会になります。ただしハードルを上げすぎると次回が大変ですし、嫉妬もあるので気を付けましょう。

頼んでみましょう

ホームパーティは手作り感が楽しいのでしょうが、後片付けを含めてケータリングを頼んでみましょう。行事に見合ったタイプやお土産が付くケースもあるので、働くお母さんでも安心です。

関連する記事